Fx相場の流れを理解しよう

Fx相場の流れを理解しよう

fx取引においては、個々の通貨ペアだけでなく、
相場全体の動きや株式市場などの動き≪上げ下げ≫などに加えて、
その時々に人々が関心のある不安や期待といった要因によく影響を受けます。

 

 

その理由は、チャートを動かしているのは群集心理だからです。

 

 

fxでは、よくその相場の概要やその日のマーケットの様子などを
ニュース番組やWEBのまとめ情報などで紹介されていることがあるので、
初心者や素人の人はそういう情報を少し見てみることをおススメします。

 

 

そして、その情報は今、fxを取引している人達はどういう風に感じて、

 

どういう方向に賭けたいだろうか?
どの通貨に注目が集まっているだろうか?

 

を考えると良いです。

 

 

そういう視点を持つことで相場の流れを読み取れるようになるのです。

 

 

このスキルを身に付けることによって、
相場の流れに乗ることが簡単に出来るようになることでしょう。

 

相場の流れとは、トレンドもそうですし、
その時々にニュースで度々取り上げられる通貨というのもそうです。

 

 

そういう注目が集まりやすい通貨は、得てしてトレードチャンスが
多く転がっていることも多く、稼ぎやすいです。

 

 

 

初心者の頃は、動きが遅くてダラダラとしている値動きの方が取引しやすく、
安全なように感じてしまいますが、

 

実は、そういうニュースや話題などによって大きく値が動いているときの方が
よっぽど利益を稼ぎやすいのです。

 

 

なぜなら、値動きがゆるいときというのは、
ノイズと呼ばれる単なるレートの誤差の範囲内のことも多く、
いくら優位性のあるトレードルールを持っていたとしても
そのノイズが多すぎて損切りを連発してしまうことがよく起こります。

 

 

また、順張りを主戦場としている人にとっては、
ポジションを持ってからなかなか相場が動かないのはほとんどの場合は、
負けトレードになることが多いです。

 

 

そういうパターンのときはあまりにも順張りの人も乗っかることが多いですし、
むしろだましや損切りを負わせてから動きだすことが多いのです。

 

 

こういう考えを俯瞰してみることができる。と言います。

 

相場の状況や流れを読み取れるとは、
自分が持っているポジションに有利な動きになったらいいな。

 

とかこういう風に動くのではないか?

 

という予想とは全く別の、今、ただ単純にこういう状況である。

 

という現状判断ができることが求められます。

 

 

その結果、冷静な見方ができるので、
予想をしようとしなくてもチャートの予想が当たるようになるので不思議ですね。